読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

beer2011のブログ

田舎の日常、釣りや、ネット、Apple関係などの内容をカキコします。(特に)プログラミング関係はど素人ですので、あまり当てにされませぬように・・。(^^;) 「次ページ」や「過去記事」などのリンクは、下の方にあります。

久々に、本(ムック)を買った。

雑誌などを除けば、本を買うことが、ほとんどないんだけど、今回は、ほぼ反射的に買ってしまった。

イーグルス アメリカン・ロックの神話」
www.kawade.co.jp

イーグルスは高校生あたりの頃から、ちょくちょく聴いていた。
ただ、こずかいというものが少なかったので、もっぱら、ラジオでエアチェックすることが多かった。
田舎だったということもあるかも?
カセットを買ったのは、高校3年の終わり頃だったと思う。ライブ音源のアルバムだった。


その後、レンタルで借りてよく聴いたなぁ。
私の場合は、正直にいうと、好きな曲とそうでない曲が結構くっきりと分かれている。
好きな曲はリピートするけど、興味のない曲はあまり聞かないという・・。
まあ、これは、イーグルスだけに限ったことではないかもしれない。


解散するときの、グレン・フライの言葉(と聞いている)を、よく覚えている。
イーグルスは、夏のバンドなんだ。だから、夏の(状態)のまま、解散するんだ・・」と。


なんで、あんなに、イーグルスを聞くようになったのかは、自分でもはっきりわからないところがある。
歌詞が若い頃の自分に共感できるということであったり、メロディがいい曲がたくさんあるということももちろんだけど、
今思うに、おそらく一番だったのは、コーラスが素晴らしいことではなかったかなぁ、と。
それは、メンバー全てがボーカルをとれる、といっていいほどの歌唱力があったから。


自分にとっては、最初で最後になるであろうイーグルスのライブに行ったのが、何年前になるのだろう。
再結成後の東京ドーム公演。思い切って行ったのを覚えている。
ステージからあまりに遠い席だったのと、ドン・フェルダーが参加していないのが寂しかったが、
懐かしい曲ばかりも多くて、行ってよかったなと思っている。


私にとって、今でも、イーグルスは夏(青春時代)のバンド。
再結成はしているけどね。
(^^/

f:id:beer2011:20161013085346j:plain